ネットビジネスで稼ぐ成功法則!

ネットビジネスにチャレンジしたい初心者さんに役立つ情報をお届けします!

トレンドアフィリエイト

AdSenseアカウントを再取得する方法!

投稿日:2014年1月26日 更新日:

アドセンス個人アカウントでアカウントが停止になってしまった時、再取得は難しいと言われています。

同じメールアドレスで再取得は出来ませんし、AdSenseに再審査を申し込んでもダメです。

 

個人アカウント停止

 

AdSenseで月1万円稼げるようになった時、何だかよく分からない理由でアカウントが停止される事があります。

実際私の周りでも、何に違反したか分からないと言うケーズがあります。

 

AdSense広告を掲載しているサイトで露出の多い画像やアダルトな言葉を使うのはもちろんダメです。

基本は家族で見ても問題がない範囲(子供を含む)の内容であることです。

 

 

AdSenseのプライバシーポリシーに違反すると軽い時は、その記事のみ広告が停止されますが

重い違反だと警告なしにアカウントが停止されます。

 

GoogleAdSenseアカウント再取得

 

 

これには2つの方法があります。

個人アカウントが停止された場合は、名前住所を変えて再取得と言う方法があります。

親の名義で再取得するとかですね。

 

もしくは法人アカウントを取得する方法があります。

これは法人でないと、と言う訳ではありません。

個人事業主でも取得できます^^

 

お近くの銀行で事業所名で通帳を作れるところを探します。

楽天銀行やジャパンネット銀行では

事業所名+個人名の口座しか作れません。

 

事業所名で口座が作れたら、Googleアカウントを新たに作ります。

さらに新規でブログを立ち上げ個人アカウントを取得した様にしAdSenseの審査に臨みます。

 

法人アカウントを取得したら注意する事

 

停止になったアカウントで使っていたサイトは使わない事

以前と同じ記事の書き方はしない事

特にアカウント停止になった時に心当たりがある事はしないで下さい。

 

せっかく再取得出来ても、またすぐにアカウント停止された人が実際にいます。

本当に残念だと思います。

 

マイクロアドはサービスを停止しましたし忍者アドマックスはAdSenseほどの収入にはなりません。

実際に比べてみましたが、やはりAdSenseが1番でした。

 

アカウントが停止されてしまったら、何が原因か?と考えてみる必要があります。

プライバシーポリシーに違反していないと自分で思っていても、そうでない事もありますし・・・

実際判断が難しいのですけど、考えてみる事で同じ失敗はしないだろうと思います。

 

また現在稼いでいるサイトを参考に、自分のサイトと何が違ったのか?も比べてみると

分かるかもしれませんね。

 

アカウント停止になって法人アカウントを取得したら、大事にして行きたいですよね。

この記事が参考になると良いなと思います。

-トレンドアフィリエイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AdSense法人アカウントを再取得する注意点<重要>

  AdSenseアカウントが無効化され、法人アカウントを取得しても、またもや無効化! 特にAdSenseやウェブマスターツールのプライバシーポリシー違反もない! クリック誘導もトラフィック …