ネットビジネスで稼ぐ成功法則!

ネットビジネスにチャレンジしたい初心者さんに役立つ情報をお届けします!

メルマガ

アスメルのメルマガ登録フォームとhtmlの編集で1発登録にする

投稿日:2013年12月20日 更新日:

 

アスメルさんのメール登録フォームってデフォルトでは、メールアドレスを入力し「確定」をクリックすると確認画面が出ますよね?

これってランディングページ(LP)を作る時に読者さんに2度手間をかけるので何とかならないか?と言う声をよく聞きます。

アスメルのメルマガ登録フォーム編集

 

LPを作る時、出来ればメールアドレスを入力し「確定」をクリックした後は

「ご登録有難うございます。」って画面にしたい!と思います。

「確認」の画面はなくしたいと思うんですよね?

 

その場合はアスメルさんの管理画面から、

該当するシナリオを選んで「基本設定の編集」から項目上から番目の「登録確認画面を省略する」と言うところに

チェックを入れ下にスクロールして「設定」をクリックすれば

確認画面が出ない様に編集出来ます^^

フォームのタグは「htmlソース」と言うところから取得出来ます。

 

このページにtableタグなしと言う項目があります。

LPに使うならこちらの方が使いやすいと思います^^

 

編集タグは

 

<div style=”position: absolute; top:縦のピクセル数px; left:横のピクセル数px;”>

<form name=”asumeru_form” method=”post” action=”https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=アスメルのシナリオNO”>

<input type=”hidden” name=”no” value=”アスメルのシナリオNO” />
<input type=”hidden” name=”action” value=”kakunin” />

<table>
<tr><td style=”color:#000000;text-align:right; white-space: nowrap;”><b><font color=#ffffff>メールアドレス</font></b><b style=”color:red;”>(必須)</b></td><td style=”padding-left:5px;”><input name=”data[Form][mailaddr]” size=”20″ style=”font-size:100%” type=”text” id=”FormMailaddr”/></td></tr>

<tr><td style=”color:#000000;text-align:right; white-space: nowrap;”><b><font color=#ffffff>名前</font></b><b style=”color:red;”>(必須)</b></td><td style=”padding-left:5px;”><input name=”data[Form][sei]”  size=”20″ style=”font-size:100%” type=”text” id=”FormSei”/></td></tr>
</table><br/>

<input type=”image” src=”img/ボタン画像のファイル名” value=”submit” alt=”登録” border=”0″></form>

</div>

<!–form_end–>

アスメルのシナリオNOのところとボタン画像のファイル名を変更すれば

そのまま使う事が出来ます^^

ボタン画像はindex.htmlを入れるフォルダ内に「img」と言うフォルダを作成しそこに入れて下さいね。

フォームの位置は

<div style=”position: absolute; top:縦のピクセル数px; left:横のピクセル数px;”>

ここで変更します。

テキストエディタは「CrescentEve」を使います。

これを使うとブラウザにドラッグ・アンド・ドロップをしなくても

クレセントイブで「ツール」⇒「HTMLプレビューを表示」で実際のLPを見ることが出来ます。

CrescentEveダウンロード

フリーソフトですが使いやすいと思います^^

 

このエディタに登録フォームのタグを入力すると実際の表示が確認出来ますので

ご活用下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

-メルマガ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした